THEME 効果音で"スローモーション効果"を演出する!~エフェクト編~

映像の中で「スローモーション」表現がされるとき、効果音においてもスローモーションに合わせた表現を加えることで演出をより効果的にする方法があります。代表的な手法は「ディレイ」「リバーブ」といった空間系エフェクトを組み合わせて使うことです。今回は、これらのエフェクトを使うことで効果音の印象がどのように変わるかご紹介します。

リバーブの効果

リバーブは残響を付加してくれるエフェクトで、空間を表現するために使います。通常はホールや教会、スタジオ、部屋鳴りなど実在する残響をシミュレートして自然に聴かせるのが目的ですが、スローモーションのように現実に存在しない演出を表現するには極端な設定、または残響を加工できるような特殊なリバーブのほうがよく合います。さっそく、刀を弾く音を例に聴き比べてみましょう!

▼刀を弾く音

- 刀を弾く音
00:00 / 00:00

▼リバーブを極端に設定した音

- リバーブを極端に設定した音
00:00 / 00:00

▼特殊なリバーブ(valhallashimmer)を設定した音

- 特殊なリバーブ(valhallashimmer)を設定した音
00:00 / 00:00

いかがでしょう?リバーブを使った音は原音から大きく印象が変わりましたね。また、リバーブの種類が異なるとそれぞれ雰囲気に違いがあります。極端な設定をしたほうは、原音のイメージがあまり崩れていないので実写映像に合いそうですし、valhallashimmerを使ったほうは残響音がキラキラした音に変化しているのでアニメ風の印象が似合いそうです。(valhallashimmerについてはこちらでもご紹介しています)こんな風に作品のカラーに合わせてリバーブの種類を変えるのもひとつの方法です。しかし、リバーブのおかげで原音の印象を変えることはできましたが、スローモーションの効果を感じるかといえばまだ疑問です。スローモーションの効果を強めるために、次のディレイを試してみましょう。

ディレイの効果

ディレイも空間を表現するときに使用しますが、リバーブと違う点は残響音ではなく「反響音」をシミュレートできることです。反響音をたくさん鳴らすように設定すれば、リバーブのような残響もつくれますし、逆に一回だけ反響音を鳴らすことで一つの音なのに二つ同時に鳴っているかのような演出も可能です。用途が幅広く、飛び道具的な使い方もできるのが特徴です。それではさきほどの2種類のリバーブ音にそれぞれディレイを加えてみましょう。

▼リバーブ&ディレイ

- リバーブ&ディレイ
00:00 / 00:00

▼valhallashimmer&ディレイ

- valhallashimmer&ディレイ
00:00 / 00:00

どうでしょう?さきほどのものに比べて「時間の感覚」が出てきたのではないでしょうか。原音が規則的に繰り返されることによって、リズムを感じるようになり時間の感覚が感じられるようになるのかなと思っています。スローモーションの雰囲気もだいぶ出てきましたが、最後に仕上げのテクニックをご紹介します。

最後の仕上げ

最後の仕上げとして、「原音をリバースさせたものを前に鳴らす」加工をします。次の写真は原音の前にリバース音をつけた様子です。

リバース音を付加すると、「迫ってくる緊迫感」が高まる効果があります。スローモーションのシーンでは、通常見えない動きが見えるため、まさに迫ってくる緊迫感を映像から感じることができるはずです。これを効果音で付加してやることで表現が活きてきます。最終的な完成品がこちらです。

▼完成パターン1

- 完成パターン1
00:00 / 00:00

完成パターン2

- 完成パターン2
00:00 / 00:00

いかがだったでしょうか?同じ効果音でもエフェクトを活用することでシーンに適した雰囲気を作ることができますので是非ためしてみてくださいね!それではまた来週!

効果音メモ

ほかにもスローモーションを表現するときによく使う手法が「ピッチを下げる」ことです。このとき、いきなりピッチを下げたものを鳴らすのではなく、ピッチのエンベロープを描いて徐々に下がる設定をするとより効果的です!(^^)

OGAWA SOUND:小川

今週の記事はいかがたっだでしょうか?効果音について少しでもご興味や関心を頂ければ大変嬉しく思います。

また、OGAWA SOUNDでは効果音に関する情報をメールマガジンにて毎週お届けしています。

もし「効果音情報メールマガジン」を初めて知ったという方はよければご登録にご参加ください。

「わかりやすさ」「シンプル」「おもしろい」をモットーに書いた記事の更新通知や、効果音の素材集などの情報をメールにてお知らせさせて頂きます。

それでは来週の「効果音の作り方記事」もお楽しみに!

ご感想やコメント頂けると励みになります!

OGAWA SOUNDとは?

効果音専門制作

 

OGAWA SOUNDは、効果音を「お客様の感情に直結する、重要な要素」と考え、効果音を専門に受注、作成しております。また、”効果音の重要性”をクリエイターの方にお伝えしたいと考えています。

個人情報について

ご登録頂いた情報は、OGAWA SOUNDからのメールマガジン配信に利用させていただきます。

 

収集した個人情報は、同目的の範囲内で利用しており、お客様の事前承諾なしに目的外利用や第三者への提供は行いません。

 

また個人情報に関する不正アクセス、紛失、改竄、漏洩を防ぐための適切な処置を行います。

各SNSでも効果音情報を配信中!
CONTACT

OGAWA SOUND

 

小川 哲弘

 

大阪府枚方市御殿山町6-9 ベルフラワー御殿山204号

 

Url: http://www.ogawa-sound.com/

 

Tel: 090-5664-1321

 

Mail: ogawa@ogawa-sound.com

Copyright(C)2012-2019 ogawa sound.com All Rights Reserved.