ポカッ!コミカルなひらめき効果音の作り方

水鉄砲.JPG

コミカルな効果音はアニメ・動画配信・可愛らしいイメージがほしいときなど、色んなシーンで活用されます。ここでは「ポカッ」「ピタッ」というヒラメキ表現に使えそうな効果音の作り方をご紹介します。

 

空気てっぽうを使って「ポン!」

作り方はとても簡単で、まず理科の実験などで使われる空気でっぽうを用意し、スポンジを勢いよく飛ばして「ポン!」と鳴らしましょう。この音をサンプルとして録音して加工していきます。

空気てっぽう.JPG

サンプラーで音階をつけて鳴らす

録音したサンプルをサンプラーを使って音階を鳴らしましょう。

高めの音階で鳴らすと何かにハマるような堅めの「ピタッ」とした効果音になり、

少し音階を下げると「ポカッ」というヒラメキや軽いゲンコツのようなイメージに合う効果音になります。

また、連続で鳴らすことでコミカルなキャラクターの足音にも使えます。

​作り方の流れは下記の動画で聴くことができます。(約1分27秒の動画)

いかがだったでしょうか?実はこの空気てっぽうを使うアイデアは、お花見をしているときに隣のグループが空気てっぽうで「ポン!ポン!」と気持ちよい音を鳴らして遊んでいるのを聞いて思い付いたんです(笑)

どんな音が効果音になるのかわからないので、常にアンテナを張っておきたいものですね。

_20191210_111645_edited.jpg

効果音メモ

​コミカルな音はほかにも打楽器系の音を使うことで表現することがあります。昔のカートゥーンアニメなどはまさに楽器の音で効果音を表現しているので色々ヒントになります。

OGAWA SOUND:小川

今回の記事はいかがたっだでしょうか?効果音について少しでもご興味や関心を頂ければ大変嬉しく思います。

また、OGAWA SOUNDでは効果音に関する情報をメールマガジンにてお届けしています。

もし「効果音情報メールマガジン」を初めて知ったという方はよければご登録にご参加ください。

「わかりやすさ」「シンプル」「おもしろい」をモットーに書いた記事の更新通知や、効果音の素材集などの情報をメールにてお知らせさせて頂きます。

それでは次回の「効果音の作り方記事」もお楽しみに!

​コミカル効果音素材集 COMICAL ACCENT SFX

■特徴

 

  • 収録ファイル数は190ファイル!

  • 動画のアクセントにコミカルさを演出!

  • 面白さを感じさせる様々な音を収録。

  • ほぼ各効果音にバリエーションを用意!

  • 動画配信や映像制作に最適!

  • エンターテインメント性を強めたいときに!

  • 収録形式:96kHz32bit,48kHz16bit wavの2形式別に収録

  • 著作権使用料フリー

  • 商用での利用可能(コピー、配布、素材販売は禁止です)

  • 全てOGAWA SOUNDによるオリジナル制作物ですので、安心してご使用ください。